内部通報制度(ホットライン)

1997年に起きた「金融不祥事」をきっかけに世の中で「企業の社会的な信頼」が厳しく問われている最中の1998年、私どもの事務所は、ある金融機関様から「企業の生き残りをかけてコンプライアンス態勢を構築したい」という強いご依頼を受けました。

そのご依頼に応じていく中で、
私どもは、コンプライアンス態勢の基盤をなすものとして「内部通報制度(ホットライン)」の構築に全力で取り組みました。
「匿名でも受付は行うべきか?」
「手紙でも受け付けるべきか?」
当時はまだ、公益通報者保護法も制定されておらず、まったく先例もない状況下で、手探りで「内部通報制度(ホットライン)」を設計し、「社外窓口受付」の業務も開始いたしました。

以来、今日まで20年以上に渡り、当事務所は「内部通報制度(ホットライン)」の社外窓口としての通報受付業務や、助言・調査業務、研修の実施、窓口の立上げ・改善の業務等を行ってまいりました。
現在では、豊富なノウハウと経験を獲得し、それを活かして、約40の企業グループ様から「内部通報制度(ホットライン)」業務を受託しております。


第1 社外窓口の受付
 1 消費者庁が定めた内部通報ガイドラインに準拠した対応をしております
 2 内部通報制度の認証の基準に準拠した対応をしております
 3 公益通報者保護法に則った対応をしております


第2 助言・調査
 1 通報への対応の進め方について、豊富な経験をもとに助言をいたしております
 2 ご依頼があれば、通報内容の事実関係についての調査業務を受託実施しております


第3 研修
 1 社内窓口担当者に向けて、スキルアップのための実践的な研修を実施しております
 2 従業員の皆様に向けて、内部通報制度を周知し、理解を深めていただくための研修を実施しております


第4 窓口の立上げ、改善、認証の取得
 1 新たな内部通報窓口の立上げについて、助言、サポートをしております
 2 既に設置されている窓口の改善に向けたアドバイス、サポートをしております
 3 認証の取得へ向けたアドバイス、サポートをしております